敬愛会 秋まつり

秋まつり、お目当てはやはり模擬店ですよね。

「焼きそば」「たこ焼き」「きのこご飯」「コロッケ」「フランクフルト」「ぜんざい」…

どれにしようか悩むくらいのメニュー。

慈宗院の利用者さんは昼食後の参加でしたので、食べられる量は限られています。

でもそこは、準備周到な利用者さん。

昼食をちょっと少な目にご自身で調整されての参加です。

20191103a

お腹が満腹になったら、バザーです。

新品ニットがマフラー付きで400円というびっくり価格!

「MITSUKOSHI」の袋に入れてもらい、百貨店での購入気分を味わい、400円の服が4万円の価値に。

20191103b 20191103c

はせやまバンドの演奏では、

幸せなら手をたたこう♪で、バンドマンに「もっと!もっともっと!!」と更なるパフォーマンスを求めました。

ここでもまだフルコース並みに食べる利用者さん。「だ、大丈夫?」と心配になる職員。

「ボーリングしたらお腹が空いたで」と家族さん。

20191103d 20191103e

 

三角くじは、何回も何回も引いても真っ白。

「これ、当たり入っとるん?」

「白紙部分に特別賞って書いて持ってく?」

あまりの当たらなさに爆笑しました。

20191103f

少し寒かったですが、とっても楽しかった秋まつり。

家族さん同士、また家族さんと職員、利用者さん同士、親睦が深まった1日となったのではないでしょうか。